パスキーを使用してサインインするサービス プロバイダは、パスキー アイコンを使用して、パスワードなしで Web サイトやアプリに安全かつ簡単にログインできることをユーザーに示す必要があります。 FIDOアライアンスは、パスキーでサインインする際のユーザーエクスペリエンスの一貫性を促進するために、パスキーアイコンを提供しています。

サービスプロバイダーは、以下のフォームに記入してパスキーアイコンをダウンロードできます。

パスワードレスサインインのパスキーアイコン使用約款

以下のフォームに記入することにより、応募者は本契約、および書面および出版物におけるFIDO商標またはサービスマーク(以下、総称して「FIDO商標」)の使用に関連する以下の条件に同意したことになります。

ご利用条件

1. FIDOロゴの商標

本契約の対象となるFIDOロゴ商標は、以下のとおりです。

FIDOロゴ商標は、FIDOによっていつでも変更することができます。

2. FIDOロゴ商標の所有者の表示

可能な場合、書面または出版物に使用されるFIDOロゴ商標の所有者は、「FIDO Alliance, Inc. 例: 「FIDO® および様式化されたFIDOロゴは、FIDO Alliance, Inc.の商標(多数の国で登録)です。”別の例「パスキーアイコンはFIDO Alliance, Inc.の商標です。”タグラインは様々な場所で提供することができ、書面や出版物の中で一度だけ提供または利用できるようにする必要があります。

3. FIDOロゴ商標の許容される使用

3.1 FIDOロゴ商標は、FIDOアライアンスおよびFIDOアライアンスが使用するロゴを説明するために、FIDOアライアンスのさまざまなプログラム、仕様、および商標について議論する書面および出版物でのみ使用できます。

3.3 FIDOロゴ商標は、FIDO Alliance, Inc.によるいかなる種類の承認、FIDOアライアンスに関する公式の地位、またはFIDOアライアンスとのいかなる種類の関係を示すためにも、本契約の下で使用することはできません。

3.4 FIDO Alliance, Inc.は、FIDOロゴ商標の使用を監査し、本規約の遵守を判断します。

3.5 いかなる場合においても、株式会社ファイド・アライアンスは、本規約を遵守するものとします。 または、取締役、役員、または従業員は、FIDOが助言を受けたか、知るべき他の理由があるか、または実際に上記の可能性を知っているかどうかにかかわらず、経済的損害および逸失利益を含む、FIDOロゴ商標の使用に起因または関連するあらゆる種類の偶発的または結果的な損害に対して責任を負います。

3.6 FIDO商標の改変または派生物を作成する権利は、本規約では付与されません。

3.7 FIDOロゴ商標は、以下のFIDOアライアンスのウェブサイト上で入手可能な、FIDOアライアンスが発行するその時点における最新版のFIDOロゴ使用ガイドライン文書に記載された詳細なガイドラインに従ってのみ使用することができる。 https://fidoalliance.org/about/logo-usage/これは、参照によりその全体が組み込まれ、FIDOによって合理的な通知により随時合理的に修正される場合があります。 本規約に関するご質問は、info@fidoalliance.org。

    * indicates a required field