デバイス・オンボーディング・リソース

ホワイトペーパー

FIDOデバイス搭載:自動化された安全なIoTプロビジョニング技術の仕様書

FIDOアライアンスIoT TWGは、取り組むべき対象ユースケースのリストを作成することから作業を開始した。 そして、現在の業界のソリューションを調査し、これらのユースケースに容易に対応できるものがあるかどうかを確認した。 インテルは自社のセキュア・デバイス・オンボーディング(SDO)技術をワーキンググループに提供し、これが新しい仕様の基盤として採用された。 ワーキンググループの技術編集者(アーム、アマゾン・ウェブ・サービス、マイクロソフト、グーグル、インテル、インフィニオン、クアルコムの代表者が参加)は、どこにギャップが存在し、どのようにすればギャップを埋めることができるかを特定した。 この仕事の成果はFDO仕様に表れている。 FDOの完全な紹介については、このホワイトペーパーをお読みください。

FIDOデバイス搭載:デバイスキー

このホワイトペーパーでは、FDO仕様に基づき、FDOでデバイスのセキュリティ態勢を証明するために使用されるデバイス・キーを安全に保管するための様々な技術について説明する。 デバイス・キーの保存とアクセスに使用される一般的なメカニズムと、それらがFDOにどのように適用されるかについては、このリソースをお読みください。 詳しくはこのホワイトペーパーをお読みください。

FDOとTPMを用いたセキュリティのためのIoTアプリケーション・プロビジョニング

デバイスのオンボーディングは、IoTデバイスを効率的に展開するための大きな懸念事項である。 このホワイトペーパーを読んで、FDOによる自動オンボーディングがどのように展開を加速し、より効率的な製造サプライチェーンを可能にするかを学んでください。 自動オンボーディングと、FDO導入にセキュリティと利便性を付加するTPMの役割については、このホワイトペーパーをお読みください。

ビデオ

以下のビデオをご覧になり、FIDOと関連技術を活用してIoTにパスワードレス認証を導入する方法について、業界をリードする組織、ソリューション・プロバイダー、業界の専門家から専門的な視点と知識を得てください。

はじめにIoTにおけるFIDOフィット – FIDOアライアンス

IoT:小さなもの、大きなインパクト – Nok Nok

はじめにオンボードFIDOデバイス – インテル

テクニカル・ディープ・ダイブオンボードFIDOデバイス – インテル

FDOデモ – インテル