FIDOとは何か?

FIDO認証は世界的なパスワード問題への答えである

パスワードや、SMS OTPのようなレガシー認証は、知識ベースであり、覚えるのが面倒で、フィッシング、ハーベスト、リプレイが容易である。

80%

パスワードはデータ漏洩の80%以上の根本原因である。

90%

ユーザーは90以上のオンラインアカウントを持っている。

$70

1回のパスワードリセットにかかるヘルプデスクの平均人件費は70ドル

51%

パスワードの最大51%が再利用されている。

FIDOアライアンスによって開発されたFIDO認証は、公開鍵暗号に基づく世界的な認証規格である。

FIDO認証は、フィッシングに強いセキュリティで、よりシンプルなユーザーエクスペリエンスを提供します。

FIDO認証では、ユーザーはパスキーと呼ばれるフィッシングに強い認証情報でサインインする。パスキーはデバイス間で同期したり、プラットフォームやセキュリティキーにバインドしたりすることができ、パスワードのみのログインを、ウェブサイトやアプリ全体で安全かつ高速なログイン体験に置き換えることができる。

パスキーはパスワードやSMSワンタイムパスワードよりも安全で、消費者にとっては使いやすく、サービス・プロバイダーにとっては導入や管理が容易である。

FIDOにより、ユーザーはバイオメトリクスやセキュリティキーでデバイスをまたいでパスキーでサインインするだけでよくなる

FIDO認証は、市場全体の多種多様なユースケースに実装することができる。

エンタープライズ

消費者