FIDOアライアンスは、クラウドまたはオンプレミスの管理プラットフォームへのデバイスの安全な接続を可能にする新しいオープンIoT規格であるFIDOデバイスオンボード(FDO)プロトコルの立ち上げを発表しました。 この規格により、FIDOアライアンスは、IoTデバイスの大規模な展開に関連するセキュリティ、コスト、複雑さの課題に対処することを目的としています。 また、スケーラブルな攻撃やアカウントの乗っ取りを防ぐ、よりシンプルで強力な認証を通じて、世界のパスワードへの依存を減らすことも目標としています。