政府関連サービスによるFIDOソリューションの利用

オープンで拡張性のある基準に基づいた、よりシンプルで堅牢な認証で、
政府関連サービスを保護

政府関連サービスプロバイダは、サービスの提供やビジネスプロセスをクラウドやモバイルサービスへと進化させ続けています。
しかしその一方で、迅速で簡単なアクセスと堅牢な認証セキュリティのトレードオフに常に悩まされてきました。

FIDO仕様に基づくセキュリティは、このようなトレードオフを発生させることなく、セキュリティ強化と政府関連サービスのコスト削減を図りながら、
オンラインセキュリティをよりシンプルで快適なユーザーエクスペリエンスに変えることができます。


導入ケース

gov-employee-contractor-credentials gov-citizen-access-government-services gov-public-safety-first-responder-credentials gov-emergency-communications-personnel-credentials
PCやモバイルを利用する政府職員や受託業者の認証情報 政府関連サービスにおけるオンライン認証 公安当局や緊急救援隊員の認証情報 緊急通報時の認証情報
gov-business-partner-credentials gov-physical-access-control gov-international-partner-credentials
ビジネスパートナーの認証情報 入退室管理 国際パートナーの認証情報
メリット

よりシンプルなユーザーエクスペリエンス

complex-passwords
hr
複雑なパスワード依存の軽減
single-gesture
hr
単一ジェスチャーでログイン
familiar
hr
毎日使用している同じデバイスで利用可能
same-authentication
hr
それぞれ違うサービスで同じ認証を利用
fast-convenient
hr
迅速で便利

より堅牢なセキュリティ

  • 公開鍵暗号方式に基づく
  • 鍵はデバイスに保存
  • 秘密をサーバー側と共有しないので盗まれる心配がない
  • フィッシング、中間者攻撃、リプレイ攻撃からの保護
  • 生体認証使用時にも、生体情報はデバイス外に漏れない
  • 異なるサービス、アカウントの間で認証者情報は関連性を持たない
  • プロトコルに第三者の介在がない

コストの削減

  • 開発とメンテナンスのコストが低い
  • 商用化するまでの時間を短縮
  • プロビジョニング費用が少ない、または不要
  • セキュリティ侵害や損害の可能性が低下
  • ユーザーにさまざまな認証の選択肢が与えられる
  • パスワードリセットのコストが低下
  • 高い将来性
資料
動画:
FIDOの解説
FIDO認定製品の紹介 オンラインセミナー: FIDOメンバーシップの価値 FIDOソリューションの展開

その他の資料: