ワーキンググループ(作業部会)

FIDOアライアンスには、使命推進を目的として活動している11のワーキンググループ(作業部会)があります。ワーキンググループは、ボードメンバーとスポンサーメンバーは自由に参加することができます。

Certification Working Group

Certification Working Groupの使命は、Webにおける認証セキュリティの本質に変化をもたらすというFIDOアライアンスの目標を支えることです。そのために、FIDO技術仕様適合製品の認定に関する、戦略・プロセス・サポートプログラムの策定、プロセスの定義、テストプロトコルの一致によりFIDOブランドを保証します。

座長:David Rivera氏(Lenovo)
共同座長:Naga Nagarajan氏(Nok Nok Labs)

Deployment-at-Scale Working Group

Deployment-at-Scale Working Groupの使命は、2015年と2016年にFIDOソリューションの全体的な導入を加速化することです。FIDOアライアンスにおいて、FIDOソリューションの導入に影響する問題の専門家として、また内部アドバイザーとして活動します。

共同座長:Max Hata氏(NTTドコモ)
共同座長:Liz Votaw氏(Bank of America)

FIDO China Working Group

FIDO China Working Groupの使命は、中国の認証業界内のコミュニケーションと協力を促し、FIDOソリューションの導入を推進し、FIDOの認知度を高めるとともに、中国政府や業界の政策立案者と密接な関係を築くことにより規制要件に関する情報を収集することにあります。

座長:Henry (Haixin) Chai氏(Lenovo)
共同座長:Mike Ling氏(Egis Technology)
共同座長:Xiwen Fang氏(Huawei)

FIDO Japan Working Group

FIDO Japan Working Groupの使命は、1) FIDO Japan Working Group(FJWG)メンバー間のコミュニケーションと協力を促し、FIDOソリューション導入を推進し、FIDOの認知度を高めるよう支援すること、2) 日本の市場や企業のビジネスのために、FIDOアライアンスとその活動に関する情報と知識を得る機会を提供すること、3) 日本における、FIDOアライアンスの広報活動や啓発活動を支援すること(FIDOアライアンスのMarketing Working Groupと連携して日本でFIDOセミナーを開催する、など)です。

座長:森山光一氏(NTTドコモ)
共同座長:菅原進也氏(ヤフージャパン)

共同座長:富山由希子氏(NTTドコモ)

FIDO India Working Group

FIDO India Working Groupは、インドの認証業界およびIT業界内のコミュニケーションと協力を促し、FIDOソリューションの導入を推進し、FIDOの認知度を高めるとともに、政策立案者との密接な関係を築くことにより、規制要件に関する分析を行うことを目的としています。

共同座長:Ramesh Kesanupali氏(Nok Nok Labs)
共同座長:Ashok Chandak氏(NXP)

Marketing Working Group

Marketing Working Groupは、FIDOアライアンスの情報提供、啓発活動、広報活動においてリーダーシップを発揮し、方針を提示し支援することにより、Webにおける認証セキュリティの本質に変化をもたらす、というアライアンスの目標を支えることを目的としています。

共同座長:Linus Wong氏(Synaptics)
共同座長:John Fontana氏(Yubico)

Privacy and Public Policy Working Group

Privacy Working Groupの使命は、Webにおける認証セキュリティの本質に変化をもたらすというFIDOアライアンスの目標を支えることにあります。そのために、プライバシーに関する専門知識と指針を提供し、ワーキンググループに対してプライバシー関連の推奨事項を提案するとともに、Marketing Working Groupと共同で、地域や市場セグメントを横断して、公に向けたプライバシーに関するメッセージの策定、また関係政策立案者(強固な認証に関する規制機関に限る)へのプライバシーやセキュリティに関するメッセージを策定します。

共同座長:Kevin Lynch氏(Synaptics)
共同座長:John Neal氏(NXP Semiconductors)

Security Requirements Working Group

Security Requirements Working Group(SRWG)は、進化しつづけるセキュリティ要件や脅威に対する、FIDO実装のセキュリティ評価のポリシーやプロセスを定義します。こうしたセキュリティ要件の目的は、FIDO実装を利用する組織(Relying party)、ユーザー、B2Bコンシューマにとって意味のある形で、セキュリティ要件に関するメタデータや認定基準などのFIDO実装(を提示することです。SRWGの考え方としては情報や認定の提供を行うのみであり、セキュリティ認定にFIDO実装が要件として含まれるべきか否かについては、市場に判断を委ねています。

共同座長:Laurence Lundblade氏(Qualcomm Inc.)
共同座長:Rolf Lindemann氏(Nok Nok Labs)

FIDO 2.0 Technology Working Group

FIDO 1.0仕様の公開を受けて、FIDOアライアンスは新しい技術作業部会の設置を承認しました。新たに設置されたFIDO 2.0 Specification Technology Working Groupは、将来の要件を検討し、デバイス、クライアント、サーバー間の認証エコシステムにおける幅広い相互運用性を確保することを目的としています。

共同座長:Anthony Nadalin氏(Microsoft)
共同座長:Sampath Srinivas氏(Google)
共同座長:Ramesh Kesanupalli氏(Nok Nok Labs)

Universal Authentication Framework(UAF)Technology Working Group

UAF Technology Working Groupの使命は、デバイス、クライアント、サーバー間の認証エコシステムにおける実行可能性と幅広い相互運用性の確保に必要なFIDO技術仕様を開発することです。

共同座長:Jeff Hodges氏(PayPal)
共同座長:Rolf Lindemann氏(Nok Nok Labs)

Universal 2nd Factor (U2F) Technology Working Group

U2F Technology Working Groupの使命は、クラウドサービスにおいて、使いやすさとセキュリティに優れたオープンスタンダードな2要素認証デバイスを使用した認証オプションをユーザーに提供するFIDO技術仕様やプロトコルを開発することにあります。

共同座長:Christiaan Brand氏(Google)
共同座長:Sam Srinivas氏(Google)