メンバーの利益と義務のレベル

FIDOアライアンスのメンバーの利益

メンバー組織は、顧客またはトランザクションの認定の要/不要、認証を強化するためのソフトウェアおよびハードウェア製造の有無に基づいて、さまざまな利益を享受できます。当アライアンスの活動に参加するメンバーには、次のような利益が得られます。

  • アカウント/トランザクションにおける堅牢なセキュリティ – この結果、損失率が低下し、軽減にまつわる問題が減少するため、顧客のロイヤルティが向上し、チャーンが削減できる可能性が高まります。また、認証が改善されて、リスクを減らし、新しいビジネスモデルや収益ストリームを実現できます。
  • ユーザー体験の向上 – FIDOソリューションを利用すれば、一般ユーザーも企業ユーザーも利便性を高めることができます。ユーザーは複雑なパスワードを記憶しておく必要がなくなるので、利用開始のための手続きが簡素化され、リモートでのパスワードリセットに伴うコストが劇的に低下します。
  • 認証にかかる投資収益率の向上 – デバイスタイプとアプリケーションを1対1で結び付ける従来の独自的なアプローチに比べて、新しいソリューションの導入とサポートに伴うコストが大幅に削減されます。FIDOのインフラストラクチャによりシステム管理機能が提供されるため、各アプリケーション開発者が構築する必要はありません。すべてのデバイスをFIDOのインターフェースにプラグインするだけなので、検証の手間が少なくてすみ、新たなテクノロジーの導入時間が大きく短縮されます。
  • 不正行為のリスク低下 – FIDO対応のすべてのウェブサイト、クラウド、モバイルアプリケーションでは、パスワードへの依存が減り、利便性が向上するだけではなく、個人に関する情報が盗み取られるリスクが低下します。一貫性のあるユーザー体験と高い安全性により、オンラインシステムへの信頼性が再び向上します。

FIDOアライアンスへの入会の詳細については、当アライアンスにお問い合わせください

メンバーレベルは、参加の程度により異なります。メンバーレベルは「アソシエート(Associate)」から「スポンサー(Sponsor)」まであり、FIDOメンバー資格が有効である間はいつでもアップグレードできます。

レベル別のメンバーの利益と義務

* 2016年1月現在の年会費。費用の構成は、FIDOアライアンスの裁量により、書面による予告なく変更されることがあります。
^ アソシエート会費は、従業員100名以下の組織は2,500ドル、従業員101名以上の組織は15,000ドルです。
ボードメンバーは、現在スポンサーレベルのメンバーを対象としています(アプリケーション別)

benefits-image
mem-spon
mem-spon
mem-asso-image-3

リーダーシップの利点

ワーキンググループ(作業部会)の座長を務める資格があるワーキンググループの共同座長、書記、または編集者を務める資格がある新しいワーキンググループを設立できるワーキンググループ設立に関する投票権がある当 アライアンスの戦略方針を設定する
           

参加による利益

いずれのワーキンググループにも参加できるワーキンググループで投票権があるボードの会議に参加し投票する権利があるいずれの総会にも出席・参加できる年 1 回、総会に出席できるFIDOが後援するあらゆるイベントに出席できるリエゾンオフィサー(Liaison Officer)を務める資格がある仕様要件にコントリビュートできる仕様開発にコントリビュートできるワーキンググループの座長によるワーキンググループ招待参加者になる資格がある
          

商用上の利点

[FIDOアライアンスメンバー」の商標を使用できる当該メンバーのプレスリリースにFIDOエグゼクティブの発言を引用する資格がある(承認が必要)FIDOの発表に当該メンバーの発言を取り上げてもらう資格がある(承認が必要)FIDOアライアンスのマーケティング活動に優先的に参加する資格がある実装草稿段階の仕様において知的財産(IPR)に関する非係争ポリシーに基づく利益が得られるものとする標準案段階の仕様において知的財産(IPR)に関する非係争ポリシーに基づく利益が得られるものとする当該会員のロゴをFIDOアライアンスのウェブサイトに掲載するものとする当該会員のロゴをFIDOアライアンスのプレゼンテーション資料に掲載、およびプレスリリースに名称を掲載するものとする